何をすると前頭葉が鍛えられる?日常でできる前頭葉を広げるトレーニング法!

SMIMGL4043_TP_V1
Pocket

「最近、前より記憶力や集中力が落ちたなあ…」

と感じることはありませんか?

yotakaGJ0936_TP_V1

もしかすると、脳の「前頭葉」の働きが弱っているのかもしれません。

 

脳は鍛えれば、一生成長するといわれています。

しかし、使わずにいればどんどんその機能はおとろえるばかりです。

 

そうならないためには、一体何をすればいいのでしょうか?

 

そこで今回は、日常生活で簡単にできる「前頭葉を鍛える方法」についてご紹介します。

 

前頭葉の働きが弱くなると、どうなるの?

TRTM9734_TP_V1

前頭葉は脳の前半分に位置し、

感情や意思、やる気など、思考や創造力を司る重要な器官です。

 

この前頭葉が弱くなると集中力や辛抱が効かなくなり、衝動性が高くなります。

さらに逆に何に対してもやる気がなくなり、うつ状態になってしまうことも。

 

しかもこの前頭葉は、脳の中でも一番老化が早いと言われており、

使わないとさらにその働きが弱くなっていきます。

 

特に現代人はパソコンやスマホの普及により、

難しい作業や面倒な作業に頭を使うことが減ってきていています。

startup-593324__480

そのため、前頭葉の機能は以前と比べて衰えやすい状態なのです。

 

前頭葉は鍛えられるの?

kaigoIMGL7650_TP_V1

 

もちろん、前頭葉は鍛えることができます。

 

鍛えるほど「集中力」「記憶力」「意思決定力」「注意力」などが向上し、

やる気が満ちてきます。

 

さらに我慢や辛抱が効くようになり、

深く考えずに行動をおこしてしまうような衝動性を抑えられるようになります。

 

前頭葉を鍛える方法とは?

people-2592247__480

でも、「前頭葉を鍛える」なんて、なんだかむずかしそう…

atama_kakaeru_woman

って、みなさん思うかもしれませんね。

 

しかし、実は前頭葉を鍛える方法は案外「シンプル」なものが多く、

生活の中でも簡単に取り入れることができるんです。

さっそくご紹介しましょう!

 

音読

小学生の時に、宿題などでよくやっていた「音読」

YUKAPAKU3215_TP_V1

実は音読は前頭葉を鍛えるのにとても効果的な方法なんです。

 

音読は「目」で字を追い、「口」に出してそれを読みあげながら、

自分の声を「耳」で聞くという、3つの動作を同時におこなう作業。

 

この複数の作業の「同時性」が高度な情報処理能力を生み、

前頭葉を活性化するといわれています。

 

ゲーム

ゲームは、遊びながら「選択」「判断」「分類」を行いますので、

前頭葉を鍛えるのにとっても効果的なツールです。

 

アプリやパソコン、ポータブルなど、最新のゲームはもちろん、

パズルや将棋、チェス、トランプ、ルービックキューブ、しりとり、なぞなぞ…

chess-1215079__480

などアナログなゲームでもOK。

楽しく遊びながら、前頭葉を活発に機能させることができます。

 

体を動かす

身体を軽く動かすと、脳の血流が増えます。

さらに運動野が活発になることで前頭葉全体の働きが促進されます。

road-749528__480

ウォーキングやジョギングなども効果的ですね。

 

前頭葉を鍛えるなら「日本古来の稽古」がおすすめ!

japan-1604873__480

さきほど紹介した

 

「音読(同時情報処理)」

「ゲーム(道具を使った選択・判断・分類)」

「体を動かす」

 

の3つすべての要素を持っているのが、剣道、合気道、茶道、華道、弓道、柔道…など

「○○道」と呼ばれる日本古来の稽古です。

 

「道」とはプロセス、つまり過程のことです。

その道を極めながら精神性を高め、悟りを開くための過程なのです。

 

つまり、日本古来の稽古は、脳を活性化させるだけでなく、

前頭葉の働きが弱くなったことで起こる衝動性などを抑えることもできるのです。

240_F_27014792_eZc32v5tHUUULoEhosGCxRX7h1FkpsVJ

しかも、全く新しい分野にチャレンジすることも前頭葉の活性化に大きく貢献します。

 

「もう一度○○道に挑戦!」は脳波7.5ヘルツへの近道

 

みなさんの中には、過去に日本古来の稽古を習っていたけれど、

他の習い事と比べて難しかったり、厳しかったりして

途中でやめてしまった…と言う人もいると思います。

 

そんな人は特にもう一度始めることをおすすめします。

 

脳科学では、一度やめたことを再び始めることを「再開」といいます。

みなさんも、同窓会に参加したときに、久しぶりに会った同級生を見て

なつかしさのあまりドキドキ、ワクワクして興奮してしまうでしょう?

TAKEBEIMGL3836_TP_V1

再開は、この時と同じような大きな興奮を脳に与えます。

 

脳は興奮すると血流がアップし、酸素が増大します。

すると自然と心がリラックスして、笑顔が増えていくのです。

 

そして、このときの脳の周波数は「7.5ヘルツ」と呼ばれています。

脳波7.5ヘルツとは、「宇宙の周波数」と呼ばれている奇跡の波動。

 

この状態の脳波は、赤ちゃんが眠りにつく時と同じ周波数であり、

最もリラックスしている状態。

baby-784608__480

さらに集中力が高まり、神経が研ぎ澄まされ、

脳の前頭葉が最も活性化している状態でもあるのです。

 

一度挫折して投げだしてしまった日本古来の稽古を再開することで、

脳波が7.5ヘルツの状態になり、前頭葉の機能が高まっていくのです。

 

宇宙と脳が共鳴するこの7.5ヘルツには、まだまだ秘密がいっぱい!

くわしい情報を知りたい方は、こちらのメールマガジンにくわしい内容が紹介されています。

ぜひご覧になってください!

 

まとめ

asia-1822520__480

今回は、日常生活で簡単にできる「前頭葉を鍛える方法」についてご紹介しましたが

いかがでしたか?

 

前頭葉を鍛えるには、音読やゲーム、運動など、脳に刺激を与えることが重要です。

その刺激を与えるために最も効率的なのが、「日本古来の稽古」です。

 

技術を学びながら、精神性も高めることで道を極めていく日本古来の稽古は、

萎縮した前頭葉を活性化するには非常に効果的です。

 

さらにこの日本古来の稽古に一度挫折した人が再び挑戦することは、効果倍増です!

宇宙の周波である7.5ヘルツに自然とつながり、脳が活性化されていくのです。

 

最近、ちょっと脳がおとろえてきたなあ…と感じる人はぜひ挑戦してみてくださいね!

脳が7.5Hzになると全てがうまくいく【開脳恋愛力アップ前頭葉トレーニング】のテキストを無料プレゼントします!


開運メールマガジンでは運気を上げるための土台作りの方法をお伝えします。

〜コイする7.5ヘルツ開脳恋愛力のススメ〜メールマガジン登録で

脳が7.5Hzになると全てがうまくいく

【開脳恋愛力アップ前頭葉トレーニング】のテキストを

今だけ無料でプレゼント中!



これを読むと、引き寄せ力が強くなると評判なんですよ^^


すぐに読めるテキストですので、今すぐメールマガジンを登録して

開脳恋愛力アップのための前頭葉トレーニングについて学んでみてください。


やり方を知れば誰でも幸せな恋愛を手に入れることができちゃいます!

fukuen-baner4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です